2018年6月28日木曜日

2018年6月28日ワイン通販.COMメルマガ

今週は、トップページの、オススメ商品のバナーに出している
9アイテムのワインと、その下に10アイテムならんでいるレ
コメンド10選を夏っぽい商品に入れ替えました。
今までは、画像にリンクを挿入できませんでしたが、今回の仕
様変更でリンクの挿入が可能になりました。

↓  トップページにリンクしてます↓ 
無題jj.jpg
↑↑ トップページにリンクしてます ↑↑  

今回の提案は、いつもよりロゼと白ワインの比率を増やしてい
ます。とは、言うものの、夏⇒カレーというのも、アリなんで、
いつもの様な、苦渋強めなワインも出ていますので、ご検討く
ださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・

いつも同じ商品を絡めてご注文下さるお客様から、発注履歴か
らいつもの商品を、サッと買えるように、とのリクエストがご
ざいましたので、トップページ中央にボタンを設置させていた
だきました。

無題.jpg

タップすると、当該お客様のイニシャルが出てまいります。
こに購入履歴ページへのリンクを挿入しております。当たり前
ですが、そのイニシャルが、どなたの物であるかは、口外しま
せんので、ご安心くださいませ。

ご希望があれば、お申し付けください。ちょっと便利です。
・・・・・・・・・・・・・・・
IMG_3405.JPG
ボデガス・カリア・アルタ シラーズ 750ml
新しく商品登録したアルゼンチンのシラーズです。このワインも、
やっぱり、3日目くらいまで引っ張って飲んでいただきたいワイン
ですね~スパイシーな香りと味わいのワインです。そこに寄せるな
ら、調味料をそれらしくすると、相性も、そこそこ良くなります。
料理画像をタップしていただくと、アメーバが展開するレシピサイ
ト「ペコリ」に飛びまして、レシピが見ていただけますので、ぜひ、
作ってみてくださいませ。アメブロの方も載せておきます。

IMG_3361.JPG
​​こちらは、インディアンカレー​になります。私見ですが、シラー
ズは、特にカレーとの相性がいい気がします。こちらも、料理画
像にレシピサイトのリンクを入れておきますので、是非参照下さ
いませ。
このカレーは、入れている具材に特徴がありまして、青っぽいニ
ュアンスのある野菜を多めに入れております。ワインとの相性を
考えると、ワインに少しいだけ混ざってる果皮や、軸、種子の味
わいにも青っぽさが味わいの要素として存在するので、ワインと
料理の距離が、一層縮まると思います。
アメブロのリンクです⇒インディアンカレー

・・・・・・・・・・・・・・・ 

IMG_3470.JPG
こちらの画像は、先日ご注文いただいたバローロなんですが、
様が、ブルーチーズが苦手との事で、前回のご注文の際には、
とんど食べられなかったとの事でしたので、今回は抜いて焼かせ
ていただきました。

ご注文の多少に関わらず、パンの半分カットは、サービスさせて
いただいております。レシピの変更は、お気軽にお申し付けくだ
さいませ。パンの画像にはレシピサイトのリンクが張ってありま
すので。ご参照くださいませ。

アメブロの方はこちらです。

・・・・・・・・・・・・・・・ 

インディアンカレーの所でも触れましたが、ワインを合わせるポ
イントとして、野菜の青っぽさをキーとして考えた場合、一番青
っぽいニュアンスを持っているであろうほうれん草を合わせてみ
ました。こちらも、画像にレシピサイトへのリンクが入っており
ます。
この炒め物は、中華の女性シェフ「五十嵐美幸」さんの炒め物を
ヒントに作っています。元々のレシピは、こちらす。
元レシピは、青梗菜でしたが、合わせているワインがシラーズな
ので、より青っぽさの強いホウレンソウ変えてます。また、元レ
シピは、顆粒の中華スープを使いますが、ここも変更しています。
このレシピのすごいところは、野菜の発色を良くするのと、シャ
キッとした歯ごたえがあるのに、生っぽくない事と、みずみずし
さがしっかり残っている点でしょう。
青っぽいニュアンスの料理とワインを合わせると、ワイン単体で
飲むより、味わいの要素が顕在化して、ワイン全体としての味わ
いがはっきりする印象です。(アメブロのリンクです)

こちらも、ワインとの相性を、野菜の青っぽさに向けて考えた組
み合わせなんですが、茄子やピーマン、人参なんかの、いい感じ
のエグみに、ニュージーランドのソービニオンブラン特有の、
モングラスのニュアンスがぴったりです。グリーンカレーなんで、
辛さの主がこれも青っぽさを含むハラペーニョなんで、さらに相
性が良かったんじゃないでしょうか。(アメブロはこちらです

ワインと野菜の青っぽさですが、ワインを農産物として考えた場
合、相性が良くて当然な気がします。

赤ワインだから、焼肉とか、白ワインだから、フライドチキンも
悪くはないと思うんですが、ワインとの相性のキーを野菜の持つ
青っぽさに向けてみるのも面白いですよ~

・・・・・・・・・・・・・・・・

今週は、こんなところで。

最後までお読み下さり、誠に有難うございます!

・・・・・・・・・・・・・・・

掲載ワインを最低1本ご注文いただきまして、お好み
インを5本注文いただき、合計6本から送料無料
ります。

ご注文は、当サイトからお好みのワインを注文いただ
て、レジを通過していただきます。自動で送られてくる
受注確認メールには、運賃が入ておりますが、荷時
に訂正致しますので、ご安心を。

6本にとらわれないで、例えば7本とかでも大丈夫で
し、18までら、同一梱包で処理できますんで、
~18本でご注文くださいませ。

(北海道500円、沖縄300円別途送料)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
IMG_3427.jpg
​ ワイン通販.COM Selected by 大文字屋 

2018年6月21日木曜日

2018年6月21日 ワイン通販.COMメルマガ

一昨日6月18日の北大阪を震源とした地震ですが、
京都市の下京区にあります当店は、店頭にディスプ
レイしてあるワインの空ボトルが数本こけてたくら
いで、これと言った被害もありませんでした。

しかし、同じ京都でも、例えば京都市の隣の向日市

では、競輪場のガラスが割れて一面に飛散したりと
大変な事になっている地域もございます。今回の地
震で被害にあわれた方は、たくさんおられるかと思
います。心からお見舞い申し上げます。

ここから数日間は、警戒が必要との事なので、油断

せず、気を引き締めて行こうと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・


6月に入って第三週にして、やっと梅雨っぽい空模
様になってまいりました。こちら京都は、昨夜まで
雨模様でした。

↑こちら、先週のメルマガで載せていました画像で
す。空の色が全然違いますね。

今日は、どこかの幼稚園でしょうか、遠足に来てい
ました。
雨は、鬱陶しいものですが、降ってくれないと、農
作物に影響が出ますよね。身近な所ではお米。そう、
当店が扱います、神吉こしひかりも、例外ではあり
ません。

6月16日の神吉盆地の中央部、泥の層が、一番分
厚い所に位置する、石橋さんの田んぼです。

こちらは、神吉盆地のはしっこに位置する松崎さんの
田んぼです。元々沼地だった場所を干拓してできた神
吉盆地の、一番泥の層が、薄い場所にあります。

泥の層が分厚い場所で育ったお米は、粘りと味わいの
濃さが強く、泥の層が浅いところで育ったお米は、比
較的、粘りも味わいも、サラッとしたお米に育ちます。

これを半々でブレンドしたのが、当店の神吉こしひか
りなんです。

先週の土曜日は、こんなに青空だったんですね~ 確
か京都市内は、暑くて半そでだったと思います。でも、
こちら、標高380mの神吉盆地は、気温は30度を超
えていましたが、涼風が吹き抜ける爽やかな気候でし
た。




今期の神吉は、今のところお米の生育は順調そのもの
です。ちなみに前期の状況は、田植えを終えてしばら
くした頃に、長雨が続き、日照不足に悩まされており、
苗の分ケツが思うように進まず、最終の獲高が減少し
てましたね。
今年は、梅雨前の日照時間も、しっかり長くあり、そ
して、梅雨入りして、そこそこの降雨ですから、まさ
に今期は、稲作にとって理想的な気候になってる印象
です。

ワインの通販で、一番のネックは送料ですよね。数あ
る通販サイトには、それぞれの送料無料のハードルっ
てあると思います。当店は、ガチに産直米を展開して
おりますので、お米関係商品合算5kgにワイン4本
で送料無料にさせていただいております。


お買い上げ下さったお米5kgが無くなってきた頃に
は、ご注文下さったワイン4本も空いているでしょう
から「そろそろ大文字屋、いっとく??」←ちょっと
イイカンジの通販生活じゃないですか?

あらかじめ当店がセット組した商品も、お客様が、
任意にお米とワインをセットにしてお買い上げ下さ
った場合でも、自動で発信する「受注確認メール」
には、お住まいの地域に応じた送料が記載されてお
りますが、出荷時に送料を訂正して処理いたします
ので、ご安心くださいませ。

北海道500円、沖縄300円送料別途

ごはんがすすむレシピです  ←そこそこ使えるの、
ありますね~ 
時計を見ると、12時を指してます。そろそろお
昼ご飯、作らなきゃ^^

・・・・・・・・・・・・・・・

近所の和菓子屋さんから、自分の所の畑で出来た
と言う、大きなメークインをいただいたので、久
々にカレーを作ってみました。くわしいレシピは、
こちらです。

カレー、久々に作りました。やっぱり、ついつい
抜いちゃうのは、シラーおよびシラーズですねぇ
(笑)きっと、一番好きな品種なんでしょう。

あわせているのは、チリのシラーズです。このブ
ランドのワインは、どれも香りの主張が強いです
ね~

 
↑この2アイテムですが、どちらも「レゼルヴァ」
とあります。何が、具体的に、どのように違うのか
???左の白っぽいエチケットの方が木の樽で熟成
されたワインで、右側のは、ステンレスタンクで熟
成されています。そのため、左のワインには、樽の
樹脂によるバニラのニュアンスが感じられるんです
が、右のワインにはそれが無いんです。

どちらのワインも、とにかく香りの主張が強いんで、
グラスの二度見は不可避ですね^^


カレーの流れで、シラーおよびシラーズ、おすすめ
したくなっちゃいました^^

トップページのバナーに、品種でまとめてるボタン
がございます。
 押すと 色んなブドウ
種のボタンが出てきます。
→  押すと シラーおよび
シラーズが使われているワインが、どばっと、出て
きます。ちなみに出てくるワインには、シラーが使
われているという絞り込みなんで、シラー100%だけ
でなく、カベルネ+シラーなんかのワインも含まれ
ています。ぜひ活用してみてくださいませ。

あんまりシラーばっかり、数が多いと、セレクトす
る気にもならないでしょうから、軽く、見繕ってみ
ました。いかがでしょう??
  

  

上の段の右のワインは、シラーズのロゼになります。
記憶に残るワインでした。ここらで、ロゼも悪くな
いですよ~

・・・・・・・・・・・・・・・


今週は、こんなところで。

最後までお読み下さり、誠に有難うございます!

・・・・・・・・・・・・・・・

掲載ワインを最低1本ご注文いただきまして、
好みワインを5本注文いただき、合計6本か
送料無料承ります。

ご注文は、当サイトからお好みのワインを注文
いただいて、レジを通過していただきます。
動で送られてくる受注確認メールには、運賃が
ておりますが、荷時に訂正致しますので、
ご安心を。

6本にとらわれないで、例えば7本とかでも大
丈夫ですし、18までら、同一梱包で処理
できますんで、6~18本でご注文くださいま
せ。

(北海道500円、沖縄300円別途送料)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年5月24日木曜日

ジョージアワイン 4日目です。まだまだおいし~~

ジョージアワイン4日目です。根底にある果実の酸が、
しっかりしてるんで、あっ、酸っぱいって事じゃないで
すよ^^4日目でも味わいの要素が果実の酸で繋がって
るんで、味わいがボケていません。もともとまろやかだ
った味わいに艶っぽさが増した感じがしますね。3日目
に現れたタンニンの向こう側の繊細な渋が、4日目もし
っかり感じられました。このワインって、樽熟成してる
んですが、大きな樽を使ってるんで、強い、ある意味下
品なキナ臭さは、皆無です。味わいを探ってみれば、ナ
ルホド、バニラだわ、と判るレベルで、個人的には、こ
のワインの果実感に合ってると思います。

合わせたのは、鶏肉の頸周りの部位です。比較的脂の少
ない部位で、噛み応えもあるので、よく使ってます。硬
い野菜は、実はあんまり好みでないんで、キャベツと人
参は、適当な大きさに切って3分間レンチンしています。
レンチンが済めば、熱伝導の緩やかなフライパン使って
ニンニク塩麹と濃い口しょうゆでじっくり加熱して甘さ
を引き出すようにしています。

野菜の横では、テフロンのフライパンを使って鶏肉をし
っかり加熱し、あえて少し焦がして香ばしさの演出をし
ています。焼き付ける際は、蓋をして、肉から出る水分
も逃がさないようにします。この水分や脂が美味しさの
要素になってきます。

柔らかくなった野菜の入ったフライパンにお肉を移します。
この際鶏肉のフライパンの中にある脂や水分も残さず移す
ようにします。こうすると、香ばしさやうまみの要素がし
っかり料理に載せられるんで、うま味調味料が無くても、
旨味の乗った味付けが出来るんです。画像は、炒め汁を端
に寄せて直火を当てて焦がしているところです。炒め汁が
ジュワッと沸いたら、具材をくぐらせて味を入れていきま
す。ジュワっと沸かせてくぐらせてを3回もやると、炒め
汁もしっかり詰まってきます。

食膳に粒胡椒をたっぷりガリガリとミルから挽き出してか
けると、フルーティな胡椒の香りとワインのスパイス感の
乗った香りがシンクロしてきます。焦げた濃口醤油の香ば
しさと鶏の脂の甘さが、まろやかなワインと合うんですよ
ね~

4日目でも、まだまだ美味しさ度が下がりません。こりゃ
ウマイ^^


ジョージアワイン3日目です。


ジョージアのコーヒー…でなくて、ワイン。
今日は、最後のブリカマ@50円。
3個で150円でした。そりゃ買っちゃうでしょ^_^
ブリカマは、いつものように加圧で5分蒸してから
魚焼きグリルで焦げ目をつけてます。
あまり作る事の無い汁物です。さて、何ぞや??
蒸した時の副産物のお湯です。ブリカマの余分な
脂が落ちてるんで、臭みもそこそこ…かと思いきや、
これが、充分出汁の機能を果たしてるんですよね。
餃子に入れる鶏軟骨を蒸したお湯なんか、岩塩とご
ま油少しに溶き玉子で立派な中華スープになるんで
便利です。今回のは、ブリの出汁をベースに赤味噌
を溶かして、三温糖小さじ半分くらいで味わいのバ
ランスをとりました。具は、キャベツ、タマネギ、
人参です。出汁の効いたお湯に野菜を入れて、加圧
で3分煮込んで柔らかくしてから味付けしています。
さて、ジョージアのサペラビ、3日目です。中盤で
感じる少しのタンニンの渋の向こう側に、花梨を思
わせる甘さと繊細な渋が出現しました。

スパイシーな香味もあるんで、粒胡椒をかければ、
そこそこの相性ですね。これが、ブリアラなら、赤
味噌味で煮込めば、相性バッチリなんですが、カマ
を煮込むって、イマイチ…あっ、そんな事ないか。

ま、次は、煮込みますわ。ジョージアのサペラビ、
ブリカマとも、何とか美味しく合わせられました。
明日は、どうしょうか。



ジョージアワイン 2日目です。


ジョージアのサペラビ樽熟成2日目です。合わせたの
は、鶏肉と野菜のオイマヨ炒めです。パッと見、白を
合わせたくなる見た目の皿なんですが、スパイス感を
グリーンカレーペーストに負ってまして、あっ、と言
っても、ピリピリに辛くしてるわけじゃないんですよ^^
グリーンカレーペーストって、ウコンが入ってないん
で、あのイカニモなカレーの香りがしないんです。数
種類のスパイスがブレンドされているので、特に、青
唐辛子の青っぽいニュアンスが、赤ワインに存在する
果皮の油脂分に由来するスパイス感とピッタリなんで
すよね。キャベツと人参の野菜特有の青っぽさに食膳
にかける挽きたての粒胡椒のフルーティさも感じるス
パイス香も相まって、実際に食べてみると、とっても
赤ワインな一皿になってるんですよね^^

2日目のサペラビはと言うと、酸の丸みが増してます。
明らかに初日より味わいの密度が上がった感じです。
この調子だと、1週間くらいは楽しめそうです。



ジョージアのコーヒーならぬワインです^^


ジョージアのコーヒー・・・でなくて^^ワインです。
画像は、抜いて初日です。合わせたのは、土曜日にピザ
ソースとして作ったトマトソースをベースにポークチャ
ップ風にしてみました。

涼しさを感じるハーブ香が、印象的なワインですね。あ
っ、ハーブっても、ニュージーランドのソービニオンブ
ランに感じるハーブ感とは、少し違いますね。ミント系
の爽やかさと山椒のような、胡椒の様な香りも絡みます。

口に含むと、まずは、まろやかな酸が、お出迎えです。
しっかりと、高めの搾汁圧でブドウを軸から外して搾り、
ステンレスタンクを使って、低温でアルコール発酵が、
常に遅くなるようにして果汁に色素と味わいを移して
から、絞り粕とワインを分離して、乳酸発酵させてから
樫樽で熟成させました。まろやかな酸は、乳酸発酵して
るからなんですね。

ワインを飲みこんでしばらくすると、渋さと苦味が、少
しだけ戻ってきて、口の中をリセットしてくれます。

ポークチャップnトマトの甘さと、豚肉の脂の甘さと、
香ばしさが、まろやかな味わいのワインとピッタリでし
た。




2018年5月18日金曜日

スパイシーなワインには、ゴーヤが似合います^^ ワイン通販 ルーマニアワイン スパイシー

いつも行ってるスーパーでゴーヤが150円で売ってた
んですよ。思わず買っちゃいました。ピノノワールの方
と合わせてるのは、一般的なゴーヤチャンプルに近いレ
シピです。オイスターソースに黒酢を少し、グリーンカ
レーペーストで辛味を足してます。スパイシーなピノの
香味ととっても合いますね。


ゴーヤって、けっこう劣化が早い気がするんで、連日の
ゴーヤです。この日は、ブリカマが」メインなんで、ゴ
ーヤには、隠し味程度に厚切りベーコンを細かく切った
のを併せています。味付けは、赤味噌、特濃トマトジュ
ース、グリーンカレーってトコですね。

そろそろピノもメルローも残り少なくなってきましたん
で、明日は別のワインを開けましょう。

スパイシーなワインにはゴーヤとグリーンカレーがぴっ
たり合いますわ。

是非。